出雲へのフリープランのルート&宿まとめ

出雲へのフリープランのルートと、旅プランのヒントを出発地ごとにまとめました。選べる宿の一覧も載せたので、おトクに出雲旅行を楽しむのに生かしてください。

出雲へのフリープラン 出発地ラインナップ

首都圏発・東海エリア発・関西発・九州発は、取りそろえている旅行会社が多いようです。会社によっては、北陸発や山陽発をラインナップしているところもあります。たいていは、新幹線で岡山まで行って、特急「やくも」に乗りかえて出雲へ向かうルートです。

首都圏発・東海エリア発

首都圏や東海エリアから出雲へのフリープランは、のぞみに乗って岡山へ→やくもに乗りかえて出雲へ……っていうルートです。新幹線で行くなら、このルートしかないですね。距離はありますけど乗りかえは1回。

岡山へ行けるのぞみは1時間に3本くらい走っていて、フリープランではどの列車も選べますけど、出雲へ行く特急「やくも」が1時間に1本なので、岡山に特に用がなければ、岡山での待ち時間がいちばん少ないのぞみを選ぶといいでしょう。

関西発

関西から出雲へのフリープランも、新幹線→特急「やくも」っていうルートは同じ。ただ、新幹線に乗るのが比較的短いからか、ひかりやこだまも選べるようになっていることが多いです。

当然のぞみより時間はかかりますけど、会社によってはひかりやこだまを選ぶと割安になるので、選択肢としてはアリじゃないでしょうか。時間帯によっては、やくもへの接続がいいひかり・こだまがないのがネックですけど……。

九州発

九州から出雲へのフリープランも、やっぱりメインは岡山経由。そんな中、新山口で特急「おき」に乗りついで出雲へ向かうフリープランをラインナップしている会社もあります。

そのほうが断然距離が短くて交通費も安く済むので、そういう会社は「おき利用が基本で、やくも利用は追加料金」っていうスタンスになっているようです。ただ、安いかわりに、特急「おき」が1日3本しかないのが微妙なところ。時間帯の選択肢は限られます。

フリープランで泊まれる出雲周辺の宿一覧(日本旅行)

フリープランとは?

泊まる宿の宿泊券と、出雲市駅など宿の最寄り駅まで新幹線や特急の指定席に乗れる往復切符がセットになったもの。旅行会社のツアーの中で、いちばん自由度が高くてシンプルなスタイルです。メリットをひとことで言えば、「ツアーと個人旅行のいいとこどり」。

フリープランはいちおうツアーの仲間です。ツアーというと、「添乗員に連れられて団体で移動して、観光とか食事の時間とか全部決まっているもの」をイメージする人も多いでしょう。そういうパックツアーもおトクには違いないですけど、個人で自由に旅したい人には使えないですよね。フリープランは、宿と列車がセットになっているだけで、添乗員も他の参加者もいないし、スケジュールは自分で決められます。

その点、自分で宿を予約して切符を買って出かける「個人旅行」は、この上なく自由です。でも、安い宿泊プランとか格安切符を探しても、なかなか安くならないんですよね。フリープランを使うと、季節や曜日にもよりますけど、宿代がまるまる浮くくらい安くなったりもします。

自由に旅できて、しかもおトク……これがフリープラン最大のメリットですけど、「お手軽」なのも見逃せません。予約は全部ホームページから済ませられます。旅行会社からの連絡はメールで来るし、切符や宿泊券も家に送られてくるので、お店に出かける必要はないんです。

フリープランのここに気をつけて!

こうやってメリットを並べるといいことずくめなフリープランですけど、おトクであるがゆえのデメリットや気をつけたいポイントもあります。

まず「融通が利かない」というところ。予約の締め切りは早いし、キャンセル料がかかりはじめるのも早いです。直前予約とかドタキャンができないので、ふつうの個人旅行の場合より早めに予定がはっきりしていないと使いにくいですね。

あと、値段の変動も、他の方法と比べると大きいです。オフシーズンの平日だとかなりの割引率ですけど、観光シーズンの週末とかお祭りがある日だと、通常料金とほとんど変わらないくらいになったりします。

「切符が取れたかどうかは後で分かる」っていうケースがあるのにも気をつけたいところ。1ヶ月以上前に予約する場合、まだ切符が発売されていないので、ホームページで予約したときに実際に取れているのは宿だけで、切符(指定席)は後で取ってもらうシステムになっています。

なので、本当に混むシーズンだと、後になって「切符を取れませんでした……」っていう連絡が来ることもありえるわけです。旅行会社によっては、そういう時のために第2希望・第3希望……を選べるようになっています。

Copyright(c) 2017 出雲たびすとネット All Rights Reserved.